ミューズアート音楽学院|学長プロフィール01
上野知己 Tomoki Ueno
1965年7月23日生まれ
獅子座 A型 東京都出身
4才の時よりピアノを習いはじめる。そのころより独自に即興演奏による表現を勉強。10才前後からは、作曲をはじめる。
ピアノ曲を中心に、17才からは、ポピュラーミュージックの作曲をはじめる。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール02
1983年 第4回ホットウエーブフィスティバル決戦大会出場。
大会模様はフジTV、ラジオニッポン放送で放映される。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール03
1984年 プログレッシブロックバンド「アウターリミッツ」にメンバー加入する。ボーカル、キーボード、一部作曲を担当する。
1985年 1st アルバムCD「Misuty Moon」リリース Made in Japan Records
1986年 2nd アルバムCD「少年の不思議な角笛」リリース KING Records
1987年 3rdアルバムCD「ペールブルーの情景」リリース Made in Japan Records
1987年 BESTCD「Indies Collection」リリース CROWN Records
1987年 12インチEP「Marionettes Lament」リリース CROWN Records

1988年 武蔵野音楽大学声楽学科(バス・バリトン)卒業。
在学中は、大谷冽子師、ブルーノ ペラガッティ師の両師に師事。
オペラ研究部の部長を努め、同研究部公演『椿姫』では、グランビル、『夜のベル』ではドン,アンニバレを演じる。
卒業後は、大谷冽子師主催 NAOS 公演『アメリア舞踏会へ行く』で、警察署長を演じる。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール05
1989年 LiveCD「SilverApples on The Moon」リリース Made in Japan Records
プログレッシブロックバンド「Deja-vu」にメンバー加入する。ボーカル、キーボード、一部作曲を担当する。
Video「Ressuaraction」リリース Made in Japan Records
1989年 V.A CD「Crime Syndicate」に参加 KING Records
1989年 埼玉県庁依頼の緑のトラスト運動イメージソング「緑カ丘の緑ちゃん」作詞、作曲、アレンジ、ボーカル、キーボードを担当。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール06
ソニー、パイオニアリリース ラジオCD「はりきりふぉろーずんぷりてぃ」作曲担当。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール07
SEGAセガゲーム機「さわってピコ」『ウォルトディズニー』タイトルBGM多数作曲。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール08
その他アレンジ、ラジオCD、ゲームBGMの作曲多数担当、コンサート多数出演。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール09
1995年 上野音楽教室を創立
2001年 上野音楽教室をミューズアート音楽学院に改名。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール10
2001年 全国一宮神社全97社、ピアノ声楽による奉納演奏参拝を開始する。
2002年 広島原爆慰霊祭において、慰霊即興演奏を行う。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール11
2003年 タイトル「ミューズの祝福」で、ミューズアート音楽学院創業までがコミック化される。
朝日ソノラマ発刊月刊誌連載「ヒプノトラベル」に掲載。
2003年 脳力開発の第一人者、工学博士・志賀一雅氏が、上野友熙の即興ピアノ演奏中の脳波測定・検証を行う。
そこで、そこで演奏者上野友熙と聞き手の両者の脳波の波形の一致が確認される。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール12
2003年 2001年6月8日に起きた、大阪教育附属池田小の事件慰問活動(ろくはち会主催)として、ご遺族の方へ届けられたCDの収録曲「きせきのこの実」「このすばらしい世界」の作詞・作曲を手がける。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール13
活動は、2003年6月8日毎日新聞に掲載。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール14
2003年 メンタルヘルス協会主催「アイランドツアー」にて、講演・コンサートを行う。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール15
2003年 国際フォーラムブースに出展。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール16
2003年 2003年11月8日かんまき駅前・寝屋川・茨木駅前・山田・箕面駅前・住道駅前 各教室代表 西岡博史先生主催による『七田チャイルドアカデミー「ありがとう」イベント』にてコンサートを行う。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール17
2003年 2003年11月8日「きせきのこの実」「このすばらしい世界」をはじめ、母子の愛を上野知己が歌い上げたCD「あえてよかった」をリリース museart label

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール18
2004年 大阪教育附属池田小の事件慰問活動として、ご遺族の方へ届けられたCDに、「きせきのこの実」と共に収録された「このすばらしい世界」の合唱曲を編曲。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール19
「このすばらしい世界」を全国の学校で歌って欲しいとの願いを込めて、「合唱曲楽譜」と「合唱曲練習用CD」を無料配布する。
毎日新聞にて、希望学校を集う。
2004年6月8日毎日新聞に掲載。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール20
2004年 スピリチュアルマガジン「アネモネ」2004年6月号に掲載。即興ピアノ演奏によるカウンセリング効果を発表。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール21
2004年 ろくはち会協賛のもと、池田小事件慰問コンサートを開催。活動は、毎日新聞に掲載。
以降、毎年6月8日にはコンサート活動を行っている。

2005年 エイトスターダイヤモンド主催、「木曜会」にて講演。即興ピアノ演奏によるカウンセリング効果を発表。
2005年 (株)日本脳力開発研究所主催、「いきいき脳フェスタ」にて講演。即興ピアノ演奏による能力開発メソッドを発表。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール24
2005年 志賀一雅著書「脳を鍛える」(エコー出版)に掲載。即興ピアノ演奏による心理療法効果が紹介される。
2006年 包括的スクールカウンセリング学会 学生部会主催による講演会を早稲田大学にて行う。
ミューズアート音楽学院の発達障害児生徒のピアノ演奏が披露される。

ミューズアート音楽学院|学長プロフィール25
2007年 子供のための子供による運営団体「ネクストミューズワールド」を結成。活動は子供の天国に引き継がれる。

2008年 赤ちゃんのための胎教音楽メソッド、ベビーマッサージを開始する。
2009年 一宮参拝会総会にて、奉納演奏を執り行う。
2010年~12年 全国各地より寄せられた思いに対し、慰霊のための演奏を行う。
2013年 氷川女体神社を最期に、全国一宮神社全97社、奉納演奏参拝を完了する。
2013年 ミューズアート音楽学院の子供の音楽育部門、発達障害児成部門が独立し、幼児教室子供の天国創設。

主な作曲作品発売元、演奏会主催企業 講談社、セガエンタープライズ、七田チャイルドアカデミー、ノクトビジョン
主な作曲作品CD発売元 CBSソニー、パイオニア、キングレコード、クラウンレコード、バップレコード


無料体験レッスン予約 メールお問い合わせ・質問

このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin