2010
11月
14

ピアノ音楽教室講師|辻森先生


ピアノ無料体験レッスンは、東上線東武練馬、上板橋、常盤台音楽楽教室で随時受け付けています。


辻 森 公 恵|つじもりきみえ

ピアノ音楽教室講師|辻森先生の画像
勤務地
上板橋ピアノ音楽教室
専門音楽学科
ピアノ
出身大学、音楽学歴
北海道教育大学札幌校特設音楽科 卒業
ドイツ国立リューベック音楽大学ピアノ科 卒業
同大学院 修了
ドイツ国立ハノーバー音楽大学大学院ソリストコース 修了

師事歴
1969〜74年 埒見英子氏に師事
1974〜80年 横路朋子氏(札幌大谷短期大学音楽科ピアノ専攻科講師) 師事
1974〜83年 安齋奈々見氏(札幌大谷短期大学音楽科声楽科教授)にソルフェージュの指導を受ける 
1980〜87年 沼田元一氏(北海道教育大学札幌分校特設音楽学部ピアノ科名誉教授)に師事
1985〜90年 安井耕一氏(東京芸術大学演奏学部ピアノ科非常勤講師)に師事
1986〜89年 I.Lantos氏(ハンガリー国立リスト音楽院ピアノ科主任教授)に師事
1990〜92年 P.Roggenkamp氏(ドイツ国立リューベック音楽大学、同国立ハンブルグ音楽大学ピアノ科教授)に師事
1990〜92年 D.Geringas氏(リューベック音楽大学弦楽科(専攻チェロ)教授)に室内楽を師事
1990〜93年 B.Westphal氏(リューベック音楽大学弦楽科(専攻ヴィオラ)教授)に室内楽を師事
1991〜93年 B.Zack氏(リューベック音楽大学並びにロストック芸術大学ピアノ科教授)に師事
1992年 W.Levin氏(リューベック音楽大学室内楽客員教授)にピアノ四重奏・五重奏の特講を受ける
1992〜98年 B.Goetzke氏(ドイツ国立ハノーファー音楽大学大学院主任・東京音楽大学ピアノ科客員教授)に師事
1993〜95年 J.Ellerman氏(ハノーファー音楽大学弦楽科(専攻ヴァイオリン)教授)に室内楽を師事

マスタークラス等
1988年 C.Hansen氏のレッスンを受ける
1991年7月 J.Tocco氏のマスタークラス受講
1992年9月 国際室内楽夏期講習会でK.Becker、T.Brandis、S.Devich、W.Levin、C.Kanngiesser、H-D.Klaus、E.Penzel、A.Torgerの各氏に師事
1995年5月 V.Krainjew氏のマスタークラス受講
1996年5月 K-H.Kämmerling氏のマスターコース受講
1996年6月 C.Hansen氏のレッスンを受ける
1997年5月 V.Krainjew氏のマスタークラス受講
2007年7月 I.Schukow氏のレッスンを受ける

コンクール歴・受賞歴等
1994年4月 マリアカナルス国際ピアノコンクール1次合格ディプロマ
場所 スペイン・バルセロナ
1次曲目
Bach Praeludium und Fuga BWV883 fis-moll
Beethoven Klaviersonate No.32 Op.111 c-moll
Chopin aus 24Preludes Op.28 No.22,23,24

1995年9月 エトロポッツォリ国際ピアノコンクール『ロマン派部門』セミファイナリスト
場所 イタリア・セレ-ニョ
1次曲目
Chopin Etüde Op.25 No.8
Liszt Etüde No.10 aus『Etudes’execution transcenante』
Chopin Plonaise-Fantaisie Op.61 As-dur

2次曲目
Schumann Allegro Op.8
Schumann Fantasie Op.17

3次曲目(セミファイナル)
Skrjabin 24Preludes Op.11
Ravel Gaspard de la Nuit

1998年10月 旭川新人音楽祭にて三浦洋一氏の推挙により伴奏者特別賞 『中田喜直賞』受賞
2003年3月 北海道銀行文化財団芸術文化奨励賞受賞
受賞記念として 2003年5月 渡邊一正 指揮  
札幌交響楽団とフランク「交響的変奏曲」を共演

その他
・ピアノ研究会『Mozart Abend』会員
・ドイツ女性芸術協会(Gemeinschaft der Künstlerinnen und Kunstfreunde e.V.)会員
・札幌音楽家協議会会員(2009年迄)
・社団法人 日本演奏連盟会員
・ 日本ショパン協会北海道支部主催「学生ショパンピアノコンクール」審査員並びに毎日子供コンク  ール審査員を歴任
・㈱ヤマハミュージック北海道、東京銀座店においてCD発売(2002年)
・地元の短期大学での非常勤講師を経て、國學院短期大学幼児・児童教育学部兼任講師
・国学院短期大学主催オープンカレッジ・ピアノコース担当
・札幌での定期的なリサイタルは元より、東京王子ホール、東京文化会館でのソロリサイタル、批評家・藤田 由之氏監修の演奏会「未来から来る演奏家を聴く会」にてソロリサイタル等、(財)日本財団主催コンサートに出演等、東京・札幌で演奏活動を行なう。また声楽家のリサイタル、コンクールでの伴奏経験多数。
・2011年より「Duo Grande」を結成。札幌コンサートホール主催事業として、2台ピアノのリサイタルを開催予定(1月)。

あいさつ 
皆様はじめまして。これまで初心者の方から受験生、音大卒業後さらに研鑽を積まれる方、大人の方・・・あらゆるレベルの方の指導をさせて頂きました。音楽の道を目指すにしても趣味で演奏するにしても基礎は必要です。基礎がなければ自分の思うことを上手く表現できず弾くことがつまらなくなってしまいます。「ピアノってこんなに楽しいものだと思わなかった」というお声を生徒さんからよく掛けて頂きます。先生の仕事は、生徒さん自身の考える音楽が自由に表現できる様に、そして生徒さんがどんな曲に出会っても自分の力で演奏を作り上げることができる力をつけて「自立」に導いてあげることだと思っています。 それにはしっかりとした基礎は不可欠です。私自身決して器用でなく、非常に手が小さいことで演奏する上で多くの苦労を重ねてきました。問題解決の苦労は、教える立場になった時に非常に役に立っています。生徒さんが演奏上で抱える問題を素早く見つけ、解決に導く力がついたと実感できることが多くあります。
基礎練習が無味乾燥でつまらないものにならないよう、音楽の楽しさの発見と共に身につくように、そして音楽やピアノの奥深さをお伝えしていきたいと思っています。
ちょっと文章は堅苦しくなりましたが、穏やかで忍耐強い先生ですので、粘り強く丁寧に指導致します。
辻森公惠


無料体験レッスン予約 メールお問い合わせ・質問

«  ピアノ音楽教室講師|辻森先生  »

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする